FC2ブログ
    まとめ買いがお得なオンラインセレクトショップ ETERNITY
2009年07月20日 (月)
PrestashopというオープンソースのECシステムで日本円表示がちょっとめんどくさかったのでメモ。
http://www.prestashop.com/

円(yen)表示させるには管理画面で通貨を追加してやる必要があります。
詳しくはここを参考に↓
http://www.prestashop.com/wiki/Currencies/



Back Office >> Payment >> Currencies

PaymentタブのAdd newで通貨を追加します。
Currency: yen
ISO code: JPY
Symbol: 円
Conversion rate: 1.000000
Formatting: 0,000X

入力していくと・・・

Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

Formattingの選択できる4種類の中に千円区切りで後ろにシンボルのものがないぢゃんか・・・orz

ということで、千円区切りになるように該当のソースをいじります。
今回は表示試験なので、既存のものを変更します。
実際にショップとして使用する場合は、ショップで使用する通貨の数分case文を増やすとよいでしょう。

変更するファイルはこれ。
Prestashop\prestashop\classes\Tools.php

221行目あたり

/* X 0.000,00 */
case 3:
$ret = $c_char.$blank.number_format($price, $c_decimals, ',', '.');
break;


↓変更後

/* 0,000 X*/
case 3:
$ret = number_format($price).$blank.$c_char;
break;

※要は表示する価格をnumber_formatの引数なしで使うってこと。



コードを修正したら、Tools.phpをサーバにアップロードします。

アップロードしたら、Back Office >> Payment >> Currenciesで再度設定します。
Formatting: の選択では修正したコードcase3のもの(上から3番目)を選択すればOKです。


すると、このようにいい感じに表示されます!


いやぁ、MagentoもいいけどPrestashopもなかなかクールなECエンジンだねぇ。

テーマ:雑記
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック